日本風景街道 御所まち

【奈良県御所市】
慶長5年(1600年)の関ヶ原で武功を挙げた、桑山元晴(和歌山城代・桑山重晴の次男)がその功績により1万2千石の大名として諸侯に列し、御所藩を立藩したとされている。
以来、西御所は商業都市、東御所は寺内町として形成され、昭和初期頃までは奈良県中南部の中心地として繁栄を誇ってきました。
また、環濠や水路(背割り下水)、町割りは1742年の検地絵図の姿をとどめ、伝統的な建物が多く立ち並ぶ風情あるまちです。

拡大表示

アプリの
ダウンロードはこちら

楽しみ方は無限大。
さぁ、イラストマップを持ってでかけよう。

apple store play store

※Apple、Apple ロゴ、iPhone、およびiPad は米国その他の国で登録された Apple Inc. の商標です。
App Store は Apple Inc. のサービスマークです。
※Android、Google Play、Google Playのロゴは、Google Inc.の商標または登録商標です。